【沖縄本島最南端】糸満市の楽しみ方を地元民が教えます!

糸満市

SUZUってどこ出身だっけ?と聞かれて糸満だよー!と答えると、さとうきびかヤンキーといった単語しか返されません。

糸満市ってそんなに田舎ですか?笑

まあ確かに那覇や北谷と比べると自然は多いし、遊べる場所も多くはないです。ハイ。

でも、他の地域にはない魅力が糸満にはあるんです。

観光客ではなく、地元の方々にこそ紹介したい糸満の楽しみ方を紹介していきます♪

糸満のビーチはでーじ綺麗。知ってた?

沖縄のビーチ
沖縄といえば海!そして海といえば北部のイメージがあるかもしれません。瀬底島や古宇利島には日本屈指のビーチがあり、毎年シーズンには多くの人で賑わっていますよね。

やしが!(突然の沖縄人アピール)

実は糸満の「美々ビーチ」、意外と知られていない「ジョン万ビーチ」も負けていません!!

沖縄にはいくつもビーチがありますが、糸満は穴場として人気があるんです。それぞれのビーチの魅力を簡単にまとめてみました。

美々ビーチいとまん

美々ビーチをご存知の方は多いはず。那覇や豊見城からも近く、アクセスしやすい場所にあります。

客層としては家族連れが多い印象があります。ネットで囲われた遊泳区域なのでハブクラゲに刺される心配もありません。お子さん連れだとそういった点は大事ですよね。
美々ビーチは綺麗
BBQマリンスポーツなどのレジャーも楽しめますし、売店もあります。海開き中は駐車場料金がかかりますが、500円という良心的な価格です!笑

2009年に開業したサザンビーチホテル&リゾート沖縄がすぐ近くにあるため、観光客も増えました。しかし地元民もたくさんいるのでオススメです!

ちなみに私は中学生の頃、部活帰りに部着のまま飛び込んでいました。いやぁ懐かしい・・・。(遠い目)

ジョン万ビーチ大度浜海岸

ジョン万ビーチ平和記念公園とひめゆりの塔の中間あたりにあります。

え?遠い?

いやいや、那覇から車で約30分!全然遠くない!!!(必死)

ジョン万ビーチは自然が色濃く残っていて、隠れたシュノーケリング・ダイビングスポットとしても人気です。潮が引いているときは潮溜まりの魚たちをゆっくり観察することもできます。
熱帯魚が多いジョン万ビーチ
水族館に行かなくても熱帯魚を間近で観察できるのは、自然が多い糸満だからこそ!決して田舎だからではありませんよ!

運が良ければウミガメと出会えるかも・・・\(^o^)/

ちなみにサーファーも多く、沖縄でサーフィンが楽しめる数少ない穴場としても注目されているようです。

駐車場は無料で遊泳時間も自由ですが、美々ビーチのような安全ネットがないため、沖まで泳がないようにしましょう。そして岩場で足を切らないよう、お子さん連れの場合は特にお気をつけください。

沖縄人も楽しめる体験型施設といえば!

糸満の楽しみ方
糸満出身の私には解せないことが1つ。

私「糸満で遊べる場所ってどこだと思う?」
友「うーん。あ、あれだ!玉泉洞(おきなわワールド)!

節子、それ糸満市やない。南城市や。(真顔)

知ってる人は知ってるかもしれませんが、このやりとりを何度繰り返したことか・・・。でも仕方ないですよね、「南部」で括られているのですから。笑

糸満には地元民でも思いっきり楽しめる観光施設があります。そう、琉球ガラス村です!

琉球ガラス村

現役ガラス職人の仕事風景を間近で見学できることから、観光客を始め家族連れにも人気がある琉球ガラス村。国道からさっと入れるので便利ですよ♪

何よりの魅力は「グラス作り体験」ができること!職人さんに教えてもらいながら、世界に1つしかない自分オリジナルのアイテムを作ることができます。
琉球ガラス村は地元民にもおすすめ
アクセサリーやフォトフレーム、ジェルキャンドルなども作れるので、年齢を問わずに楽しめるのも魅力的です。

予約なしでも体験できるメニューがあるので、ふらっと立ち寄って記念に何か作るも良し。職人さんの作業風景を眺めるのも良し。ショップでお土産を購入するのも良し。いろいろな楽しみ方があります。

カップルや夫婦のデートにもおすすめです。もちろん友達同士で行くのもOK!沖縄の工芸品の美しさを改めて実感できますよ。

忘れちゃいけない沖縄戦の傷跡


沖縄本島では第二次世界大戦時、日本で唯一地上戦が行われました。北部から徐々に南下してきた日本軍や住民たちが最後に行き着き、激戦地と化したのが糸満市です。

糸満市は沖縄戦終焉の地として知られています。多くの戦没者を追悼するための施設があり、6月23日の慰霊の日には多くの参拝者が訪れます。

観光目的ではなく、県出身者にこそ年に一度は足を運んでほしい場所が平和記念公園/平和記念資料館です。

沖縄平和祈念公園

多くの展示物がある平和祈念資料館
小・中学生の頃の平和学習で訪れたことがあるという方も多いはず。平和記念公園沖縄戦の戦没者の鎮魂、そして平和への祈りを込めて建てられました。

公園内には「平和の礎」と呼ばれる記念碑が建ち並んでいて、沖縄戦の戦没者すべての氏名が刻まれています。

資料館では戦時中・戦後の沖縄を感じられる数多くの展示物を見ることができます。沖縄戦を実際に体験した人たちの手記(証言文)も展示されているため、戦争の悲惨さを改めて体感するでしょう。

ですがここで言いたいのは、平和記念公園は悲しみだけが詰まった施設ではないということです!敷地の隣にこどもひろば公園が新たに設立され、小さなお子さんを連れて遊べるようになりました。ピクニックを楽しむこともできます。
家族連れに最適な公園
近くには沖縄そばなどを味わえる飲食店もあり、休日を過ごすにはいい場所だと思います。

冬には公園敷地内がイルミネーションで彩られ、また違った景色を楽しめますよ♪

昔ながらの「沖縄」があらゆる場所に残る糸満市の魅力を、ぜひ実際に味わってみてください!